川崎市多摩区の医療法人社団神天会 登戸内科・脳神経クリニックの専門外来について

風邪を診ることができるホームドクターとして
脳神経にかかわる難しい病気の専門医として、
動脈硬化にかかわる病気の人を
マネジメントする医師として、
チーム医療で あなたと、家族の健康を守ること
それが、クリニックの使命です。

専門外来について

当院では、平成26年4月より、連携病院より招致した専門医による「脳卒中予防」の専門外来を行っております。

専門外来受診日
脳卒中予防外来 水曜日 9時から12時30分まで
循環器内科外来 火・水曜日 14時から18時30分まで
生活習慣病の外来 土曜日 9時から13時まで
睡眠時無呼吸症候群の外来 土曜日 9時から13時まで

▲top

脳卒中予防外来

登戸内科・脳神経クリニックでは、病診連携により日本脳神経血管内治療学会の専門医資格を持った担当医を招致の上、脳動脈瘤の診断や治療方針のご相談、経過観察、脳動脈瘤術後のフォローアップなどを行っております。

脳卒中予防外来とは?

脳の血管(動脈)が、こぶや風船のようにふくらんでくる病気を脳動脈瘤と呼びます。
これが血圧に耐えきれずに破裂し、出血を起こすのがくも膜下出血です。
そのため、未破裂脳動脈瘤と呼ばれることもあります。
生まれつき血管の弱い部分が血圧によってふくらみ脳動脈瘤となるケースが多く見られますが原因は様々で、脳動脈の動脈硬化、脳動脈への細菌感染、頭部外傷などが原因となる場合もあります。

脳動脈瘤について

通常では、無自覚、無症状で進行する場合がほとんどですが、まれに肥大した脳動脈瘤によって動眼神経が圧迫されて眼瞼下垂(まぶたが垂れ下がる)などの症状が現れることがあります。
この様に無自覚・無症状で進行するので、普段元気な方がある日突然脳動脈瘤破裂を起こし、くも膜下出血に至ることも決して珍しくありません。
脳動脈瘤が破裂すると、頭部に激しい衝撃を受けた状態となり、酷い頭痛や嘔吐、痙攣、意識混濁など症状が現れます。
進行が進むと手足のまひ、言語障害(ろれつが回らなくなる)などが現れ、更に進行すると記憶障害や認知症、行動障害(歩けない、布団から起き上がれない)といった重篤な状態に至ることもあります。
症状など疑わしいと思われる方は、お早目に当院「脳卒中予防外来」までご相談下さい。

脳梗塞、脳出血について

脳卒中には、脳の血管の障害の起こり方によって、脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血やくも膜下出血、脳動静脈奇形の破裂による出血、脳腫瘍による出血、一過性の脳の循環障害など様々な種類があります。
特に、脳梗塞は脳卒中全体の約75%を占めているとされています。
脳ドックや、他の疾患で実施された頭部MRIで偶然発見された脳梗塞、脳出血などございましたらお早目に当院「脳卒中予防外来」までご相談下さい。

脳動脈狭窄、頚動脈狭窄について

脳動脈や脳に血液を送る頸動脈の動脈硬化が進行することで、内部に向かう血管の壁が隆起し、血流の通り道が狭くなった状態を脳・頸動脈狭窄と呼びます。
この動脈狭窄は、進行すると将来的に脳梗塞を引き起こす危険性が高くなります。
血栓予防剤やコレステロールを下げるお薬で動脈硬化の進行を予防したり、程度によっては動脈硬化の部分を手術で剥離することが望ましい場合もあります。
脳ドックやその他検診の際、頭部MRI、頭部・頚部MRA、頚動脈エコーなどで、動脈の狭窄(動脈が細くなっている状態)が指摘された方はお早目に当院「脳卒中予防外来」までご相談下さい。

▲top

脳卒中予防外来Q&A

当院院長と川崎市立 多摩病院、副院長の長島先生が、脳卒中予防外来について対談致しました。
患者さま側の目線で、院長がご質問致しております。

Q

脳ドックで「動脈瘤がある」と診断された場合はどうすればいいですか?

1日、2日で破裂することはないですが、ストレスなども破裂のリスクにつながるので、1カ月~2カ月ほどのスパンで考えた方がよいでしょう。
脳動脈瘤が破裂してクモ膜下出血が起こる割合は年間1%程度であり、また、治療方法についても、開頭治療や頭部血管内治療だけではありません。血圧管理などによって危険因子を避けて『経過観察』をするという第三の選択肢もあります。

Q

すぐにでも破裂するのでは・・と心配される方も多いですが。

脳動脈瘤の治療はクモ膜下出血の予防、また、頚動脈の血管狭窄(細くなった血管)の治療は脳梗塞の予防となります。専門医が「まだ手術する必要はない」と判断した場合は、第三の治療が重要となります。脳動脈瘤や頚動脈狭窄は生活習慣病により悪化するので、高血圧症、糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病を治療することで手術をしなくてよい状態を保つことができます。患者さまの生活習慣をよく知っている地域のクリニックでの治療が最も適していると言えます。

Q

クリニックの役割について教えて下さい。

生活習慣病の治療は、まだ脳卒中を起こしていない人の予防となります。 定期的な頭部MRI、頭部MRAや頚動脈エコーなどの検査で、動脈瘤や血管狭窄が悪くなっていないかどうかを調べる必要があります。
連携している多摩病院には「医療相談センター」があり、看護師やソーシャルワーカーなど約20名の医療連携専門スタッフがおります。
急性期を多摩病院で預かり、後遺症がある場合には、回復期リハビリテーション病院へスムーズに移れるよう「脳卒中地域連携パス」という患者さまの病状を正確に伝える新たな方式も取り入れています。さらに地域で在宅療養となり、リハビリテーションが必要な場合は、専門スタッフに相談することも可能です。生活環境を整え、再発予防を担うのが地域クリニックの役割と言えるのではないでしょうか。

Q

クリニックと専門病院の連携について教えて下さい。

エコー画像や手術のビデオなど様々な情報をサーバーに集め、地域クリニックの医師がインターネット経由で情報共有できるようなシステムの導入が計画されています。実現すれば、総合病院と地域クリニックでの医療連携として究極の形とも言えまるでしょう。
また、そう遠くない将来には地域クリニックの電子カルテ画面から直接、多摩病院へ予約を入れられる時代がくるかもしれません。

Q

チーム医療が求められる脳卒中の治療体制はどのようになっていますか?

脳動脈瘤に関しては、患者さまの負担が少ない血管内治療が増えており、開頭と肩を並べるくらいの数になってきました。多摩病院は脳血管内治療学会に認定された指導医もおり、クオリティの高い医療のご提供が可能です。
脳卒中の急性期医療には、医師や看護師だけでなく多職種によるチーム医療が必要で、多摩病院には医療連携専門スタッフがいることが強みでもあります。

Q

今は様々な治療の選択肢がありますが、保険は適用されますか?

頚動脈狭窄に使用されるステント(新型人工血管)も今は保険が適用できるようになりました。
動脈瘤でも大きさや場所によって保険が使えるケースとそうでない場合があり、できるだけ保険適用できるように心がけています。いずれの治療法でも高額医療費控除の対象になるケースが多く、具体的には15万~20万円程度の自己負担になることが多いようです。
手術後の入院期間は2~3週間ほどです。

Q

今後の総合病院と地域クリニックの役割について教えて下さい。

脳卒中になっていない脳動脈瘤や頚動脈狭窄の方、あるいは脳卒中を発症して再発予防が必要な方ともに、生活習慣病の治療が重要となります。食事療法や運動療法、疲労やストレスなど生活に密着した細かいことを把握して、継続することも大切で、さらに、風邪や膀胱炎などの病気になった時、歯科治療や内視鏡検査などを受ける時など、脳卒中予防薬や生活習慣病治療薬との薬の飲み合わせなど、きめ細かい対応が必要となります。
すなわち、継続的な生活習慣病の治療はクリニックにふさわしい診療と考えられます。
これに対し、総合病院の専門医は、急を要する脳卒中急性期の入院治療や血管内治療などの高度な治療に専念すべきであろうと考えます。
医療連携によって総合病院と地域クリニックの役割分担を明確にすることで、差別化されたより良い医療を提供することが理想です。

▲top

循環器内科外来

登戸内科・脳神経クリニックでは、循環器内科診療に精通した担当医を招致の上、高血圧・高脂血症などの生活習慣病により発症する、心臓病・動脈硬化などの診断・治療・管理を行っております。

循環器内科外来とは

循環器内科では、心臓の病気や血管の病気を専門で扱います。主に、狭心症、心筋梗塞、不整脈、心臓弁膜症、心筋症、心不全などの心臓に関わる疾患や血管に関わる疾患が治療の対象となります。
高血圧・糖尿病・高脂血症・メタボリック症候群など生活習慣病の診断治療を生活習慣病外来から行い、病気の早期発見や予防なども行っています。 胸が痛い、突然動機がする(ドキドキ)、通勤時階段や坂道などで息切れがする、ゼーゼーすることがある、咳が続く、足がむくむなどの症状はありませんか。
これらの症状は心臓病の初期症状の可能性も考えられるので、気になる方は一度受診をおすすめします。
また、健診などで高血圧、高脂血症などの生活習慣病の指摘や心電図異常、心雑音の指摘、レントゲンで心臓が大きいと言われたなど、精査・再検査を指示された場合などもぜひご相談下さい。

検査

心臓病なのかどうか、生活習慣病なのかどうかは検査を行い、検査結果と自覚症状を合わせて診断につなげていきます。
当院では心臓の弁や筋肉の動きをチェックする心臓エコー検査、心電図だけでなく24時間心電図を連続記録できる24時間ホルター心電図、胸部レントゲンによる検査を行っており、診断・治療につなげていきます。


循環器内科外来で取り扱うことが多い疾患について

不整脈について

不整脈とは脈拍の異常ではなく、心臓のリズム(調律)の異常のことをいいます。大きく分けて脈がとぶように感じる期外収縮、脈が速くなる頻脈、脈が遅くなる徐脈の三つがあります。
健康成人で不整脈がまったくない人はいないといってもよいほど、不整脈は一般的なものです。不整脈がありながら自分ではまったく気づかず、身体検査ではじめて不整脈を指摘される人もいます。健診などで不整脈を指摘され、それがどんな不整脈なのか、そのまま放置しておいてよいものなのか、危険な不整脈に発展するものでないか、治療を要する不整脈なのか、などをよく聞いて適切な指導をうけることが大切です。治療しなくてもよいものもたくさんありますが、不整脈によっては心不全や失神発作を起こしたり、脳梗塞を併発するものもあり、早期の治療が必要なものがあることを念頭に置いて下さい。

外来診療でおおくみられる不整脈として、発作性心房細動(Paf)や発作性上室頻拍(PSVT)が挙げられます。
発作性心房細動とは無症状である方もいますが、動悸や不快感を主訴に受診される方が多いです。心臓の4つに分かれた部屋のうち、「心房」と呼ばれる上2つの部屋で生じた異常な電気的興奮により起こる不整脈です。心臓は本来、規則正しいリズムで全身に血液を送り出すポンプとして重要な働きをしています。この規則正しいリズムは、心臓内で送り出される電気信号でコントロールされていますが、一時的に電気信号が乱れ、心臓の拍動リズムが不規則になる状態を発作性心房細動いいます。これらは繰り返し症状が現れる場合や生活に支障が出るほど強い症状が現れる場合には内服薬による予防やカテーテル治療を行う必要があります。
発作性心房細動自体は死に直結する病気ではありません。しかし、発作性心房細動を発症すると慢性心房細動へとつながり、脳梗塞発症リスクを高めてしまいます。「発作性心房細動」と「脳梗塞」は心臓と脳のため一見何の関連もないように思われがちですが、実は大変密接な関連があります。特に「心房細動」が曲者であり、心臓細動になると血液がうっ滞して血栓(血のかたまり)ができてしまいます。この血栓が何かの拍子に剥がれると、血液の流れに乗って脳動脈を詰まらせてしまい脳梗塞を起こします。そのため心房細動では脳梗塞予防のためにワルファリンやDOAC(直接経口抗凝固薬)を内服します。当院では受診した日に、ワルファリンの内服量が適切であるかどうか、判断できる検査機器を備えています。

また、発作性上室頻拍(PSVT)とは突然脈拍数が速くなり動悸を感じる不整脈で最も多いものです。ほとんどの場合、急を要する治療を必要としませんが、繰り返し症状が現れる場合や生活に支障が出るほど強い症状が現れる場合には内服薬による予防やカテーテル治療を行う必要があります。「あっ、今」と言えるくらい突然始まる動悸症状が典型的です。また、特に動悸が始まった直後に血圧が下がり、ふらつきやめまいを感じることもあります。

狭心症について

心臓の栄養血管である冠動脈が、何らかの原因で狭くなると、心筋に送り込まれる血液が不足し、心筋が酸素不足に陥ります。そのために生じる胸の痛みが「狭心症の痛み」です。

多くの場合、冠動脈の動脈硬化によって生じた冠動脈の狭窄が血流を障害することが原因となりますが、たいした動脈硬化がないにもかかわらず、冠動脈が痙攣性に収縮を起こして縮んでしまう(攣縮)タイプもあり、狭心症は「労作性狭心症」「安静時狭心症、冠攣縮性狭心症」「不安定狭心症」などに分類されます。

症状としては「階段をあがると胸が締め付けられるように痛くなる」「重いものを持ち上げたり、坂道を歩くと胸が苦しく痛む、静かにしていると楽になる」「夜、就寝中、明け方、胸が苦しく押さえつけられたようになる」「狭心症発作が次第に頻回に起こるようになり、労作時ばかりでなく、安静にしていても起こる」などが有名な症状となります。
症状など疑わしいと思われる方、その他でも気になる症状がみられる方はお早めに当院「循環器内科外来」までご相談下さい。

弁膜症について

心臓弁膜の異常の総称が弁膜症です。心臓には4つの部屋があります。全身から心臓に戻ってくる酸素の少ない静脈血(図の青色の部分を流れる血液)は、まず部屋のひとつの右心房に入ります。ついで右心室という部屋に入り、肺に送られます。肺で酸素を取り込んだ動脈血(図の赤色の部分を流れる血液)は、左心房から左心室を経由して大動脈から全身に送られます。この血液の流れが一定の方向(一方通行)になるように各々の部屋の出口に扉があります。この扉が弁膜です。異常は弁の出口が狭くなってしまう狭窄、弁のしまりが悪く血液が戻ってしまう逆流の2つですが、狭窄と逆流が同時にある場合もあります。
自覚症状としては、息切れ、動悸、全身倦怠感、浮腫といった心不全症状が現れたり、不整脈が頻繁にみられたりします。
従来、弁膜症は心臓外科において人工弁置換術や弁形成術といった手術が行われてきました。しかし近年、カテーテル技術を応用した弁膜症治療が急速に発展し、日本でも一部の施設で行われています。当院ではそのような医療機関への紹介なども視野に入れ診療を行うことができます。

症状など疑わしいと思われる方、その他でも気になる症状がみられる方はお早めに当院「循環器内科外来」までご相談下さい。

▲top

生活習慣病の外来

高血圧

高血圧とは血圧が高い状態が続くことを指します。高血圧と診断され、降圧薬などによる治療が必要になるのは、病院の診察室で測った血圧値が上の血圧が140mmHgまたは下の血圧が90mmHg以上の場合です。家庭では診察室よりリラックスしているため、家庭血圧の場合は高血圧の基準は、上の血圧が135mmHg、または下の血圧が85mmHg以上です。
高血圧が続くことにより、血管の壁に圧力が掛り、その結果血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられております。
高血圧、動脈硬化は自覚症状がなく進行し、心臓病や脳卒中の引き金となるため、疑わしいと思われる方は、お早めに当院「生活習慣病の外来」までご相談下さい。

高脂血症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これら余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足が考えられます。
疑わしいと思われる方は、お早めに当院「生活習慣病の外来」までご相談下さい。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。
のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。
また、重度の場合には昏睡状態(糖尿病性アシドージス)に陥り生命に危険が及ぶ事もあります。
先天性の1型糖尿病は自己免疫疾患やウイルスなどの原因によって、膵臓機能に支障をきたし発症します。
後天性の2型糖尿病は、加齢と遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なり発症します。

▲top

睡眠時無呼吸症候群の外来

登戸内科・脳神経クリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の診断や治療方針のご相談、経過観察、CPAP(シーパップ:経鼻的持続陽圧呼吸療法)などを行っております。

睡眠時無呼吸症候群とは。

仕事中眠くて仕方がない、重要な会議の時にウトウトしてしまう、朝起きたら頭が重いなどの症状はありませんか。これらの症状は睡眠時無呼吸症候群によるものがあります。
睡眠時無呼吸症候群は眠り出すと呼吸が止まってしまう病気です。呼吸が止まると血液中の酸素濃度が低下するため、眼が覚めて再び呼吸し始めますが、眠り出すとまた止まってしまいます。これを一晩中繰り返すため、深い眠りがまったくとれなくなり、日中に強い眠気が出現します。酸素濃度が下がるため。これを補うために心臓の働きが強まり高血圧となります。酸素濃度の低下により動脈硬化も進み、心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。さらに睡眠不足によるストレスにより、血糖値やコレステロール値が高くなり、さまざまな生活習慣病やメタボリック・シンドロームが引き起こされます。
ひどいイビキ、睡眠中の呼吸停止がある場合には速やかに専門の医療機関で検査・治療を受けることが大切です。 当院では、携帯用睡眠時無呼吸検査装置を使用し、自宅での自然な睡眠データを収集し、治療につなげていきます。

原因と症状とは

主な原因である肥満に、顎が小さいことや扁桃(へんとう)肥大なども加わって、睡眠中にのどの空気の通り道(上気道)は狭くなり、さらにはふさがってしまいます。その際、いびきの症状は必ず起こります。
良質な睡眠がとれないために目覚めが悪く、昼間に強烈な眠気やだるさが生じ、集中力が低下します。

主な症状

睡眠時無呼吸症候群の外来Q&A

Q

どのような検査をするのか?

睡眠時無呼吸症候群の診断には、睡眠中の呼吸の観察が必要です。
当院では、自宅で行う簡易検査による検査を行っております。

睡眠時無呼吸症候群と診断された際の治療は?

重症度の高い方には、睡眠中の気道の閉塞を防ぐ治療法(CPAP:シーパップ)を行います。これは、就寝時に鼻に装着したマスクに圧を加えた空気を送り込むもので、安全で長期効果も優れています。耳鼻咽喉科の手術が適している方もいます。

CPAP療法

睡眠時無呼吸症候群にならないように日常生活での注意点は?

▲top